YEMENITE COFFEE BEANS
CLASICO−MATTARI

 
 イエメン「モカ」コーヒーの生産は内陸の山岳地方
(標高1,000m〜3,000m)の段々畑で行われており、この中でも特に有名な産地が、アラビア語で「雨の子孫達」を意味する「バニー・マタル」地方と、「ハイミ」地域です。

 このハイミ地域もバニー・マタル地域と同様に雨が多く、またしばしば霧がかかります。このあたりのコーヒーの木は原生種に近いので、生み出される豆は素朴でありながら気品のある味わいを醸し出すことで知られています。ハイマ一部族の人々により昔から大切に守られ、手摘みされたコーヒーをじっくりと時間をかけて天日乾燥しました。

 ハイミ地域で育まれた、原生種だけが持つモカ臭と野性味ある甘酸っぱいコーヒー“クラシコ・マタリ” でアラビアンナイトの夢を見ませんか。

モカコーヒーの一覧表に戻る