YEMENITE COFFEE BEANS
BANI−MATAR


 「モカ」は紅海に面した、イエメンの小さな港町の名前です。
 1628年のある日、この港でオランダの商船に40袋のコーヒー豆が積み込まれました。これがヨーロッパ人が買った最初のコーヒーでした。ただし当時まだヨーロッパではコーヒーを飲む習慣がなかったため、この豆はペルシャ・インド方面に売られたようです。
 ヨーロッパで最初にコーヒーが売り出されたのは1661年アムステルダムでのことで、もちろんこれもモカから積み出されたコーヒーでした。これをきっかけに、ヨーロッパ人は安いコーヒー豆を大量に確保するため、それぞれの植民地に「モカ」の豆を持って行ってコーヒーの栽培を始めました。現在、南アメリカや東南アジアで栽培されていますコーヒーの多くは、もともとこうしてイエメンから運び出されたものなのです。つまりイエメンは世界のコーヒーの母国というわけです。

 「モカ」コーヒーの生産は内陸の山岳地方の段々畑で行われており、この中でも特に有名な産地が、アラビア語で「雨の子孫達」を意味する「バニー・マタル」地方で、この地方はその名のとおり雨が多く、またしばしば霧がかかることでも有名です。このあたりのコーヒーの木は原生種に近いので、生み出される豆は素朴でありながら気品のある味わいを醸し出すことで知られています。又、金色の豆が入っている事から、この豆は ゴールデン・マタリともよばれ、独特なモカ臭と共にこれがバニー・マタルの特徴です。

 モカ港から積み出される「バニー・マタル」地方のコーヒー。
 これが、母なるコーヒー “モカ・コーヒー バニー・マタル” の名の由来です。

 日本で初めての最高級マタリ“バニー・マタル”は、1990年 「国際花と緑の博覧会」で好評を博しました。原生種だけが持つモカ臭と野性味ある甘酸っぱいコーヒー“バニー・マタル” でアラビアンナイトの夢を見ませんか。

モカコーヒーの一覧表に戻る